審査員紹介☆小松芳先生☆

MENU
審査員紹介☆小松芳先生☆

2020.01.10

審査員紹介☆小松芳先生☆

World Bellydance Festival 久居校伏見校スタジオ伏見校スタジオ安城校岡崎校春日井校松阪校栄校スタジオ豊橋校長久手校

皆さん、こんばんは!
2020年がスタートし「World Bellydance Festival & Competition 2020 in 東京」まで、残り4か月となりました!
ただいま、5月9日(土)に東京の一ツ橋ホールにて開催されるベリーダンスコンペティションのエントリーを好評受付中です♪
Mohamed Shahin 、Anna Borisova、Julia Farid、Alida Lin、そして小松芳、SaharaLaylaが審査員をつとめる今回のコンペティション。

ビデオ審査は無し。
当日直接この審査員勢の前で踊るパフォーマンスで、結果が決まります!!!!!
さらに、翌日の10日(日)に、『ジャッジからのコメント会』を開催。
コンペティション応募者が、次のステップアップに向けて必要なこと、審査員の率直な感想などを直接聞くことが出来ます☆
(コンペティション応募者のなかで、日曜日のマスターティーチャーのワークショップを受講される方であれば、どなたでも無料でこのコメント会にご参加頂けます)
※要予約
ご応募コンペティションのご応募締め切りは、
1月31日(金)23:59!!!!!!!!!
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 

今日は、審査員の1人である小松先生のご紹介です!

★Karima 小松芳プロフィール★
山形県鶴岡市出身。富士通退社後渡米。
アメリカのモダンダンス界を代表するニューヨークのアルビンエイリー・ダンスカンパニー付属学校に学ぶ。
ニューヨークで最高級のアラビアンレストラン「ザ・ナイル」のオーディションに合格し、ベリーダンサーとしてマンハッタン、ブルックリンで数々のショーに出演。
師イブラヒム・ファラよりKarima(カリーマ)の名を受ける。
1991年、本場カイロに渡り、エジプトを代表する国立レダ民族舞踊団の研修生となる。
故ナセル大統領から勲章を進呈された舞踊家・振付師のマフムード・レダの直弟子としてエジプトの民族舞踊全般を学び、正規の就労ビザを取得。
エジプトで日本人初のプロデビューを果たし、4つ星ホテル8『シェハラザード』と専属契約するほか、大使館や商社などのパーティーにも出演する。
1993年帰国し、小松アラビア舞踊団を結成。
海外で約300回以上のステージを踏んだ経験を活かし、アラブ現代芸能の日本での普及活動と指導にあたる。
東京外国語大学などでもベリーダンス講師として活躍中。


★公式ホームページ★
https://www.lahabana.co.jp/newsblogcat/wbf/
#ワールドベリーダンスフェスティバル
#ベリーダンス
#コンペティション

初心者の方も大歓迎!

体験レッスン受付中!

「いきなり入会するのはちょっと不安…」という方にオススメ!
まずは、ワンコインで受けられる体験レッスンにご参加ください

ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ

052-220-3213

【受付時間】11:00〜22:00
(不定休)