Yousef Constantino

ブラジルにて、エジプト・ダンスグループにベリーダンスを習い始める。
その後、アルゼンチンにて、モンテ・リバノの民族ダンスのグループのメンバーとなる。

1998年にアミル・タレブのアラビアン・ダンス・スクールで習い始め、後に、アラビアン・ダンス・カンパニーで主役ダンサーを務める。 ブエノスアイレスで毎年行われる、世界各国のベリーダンスマスターが集まるアラブ・ダンス国際ショーなど様々なフェスティバルに参加。

2005年にアラブ・ダンス国際ショーで、アルゼンチン代表として初めてワークショップを行う。
その後もモンテ・リバノやアラビアン・ダンス・カンパニーなど様々な大舞台で踊っている。
現在は、講師としてアラビアン・ダンス・スクールに所属。

トリノ、ジュネーブ、ローマ、シシリア(イタリア)、ベネズエラ、コロンビア、チリ、マイアミ(アメリカ)、 ペルー、ブラジル、ウルグアイ、グアダラハラ(メキシコ)など様々な国でワークショップやショーに出演し、活躍している。ラキア・ハッサン(Raqia Hassan)氏のカイロ(エジプト)の最も大きなフェスティバルの1つにも参加。アラビアン・ダンス・スクールを代表して、メキシコの各地を回り、プロや学生にダンスを教え、 スクールの認定証を授与する活動を行っている。
これらの業績により、業界でその名を馳せている。