Sabrina Colman

アルゼンチン出身。 スペイン舞踊学校にてMariela Cafiero下に5歳でダンス始め、12年間学ぶ。 フラメンコダンサーとしてワークショップなどを行う中、アラビアン・ダンスに惹かれる。 AMIR THALEBに師事。
アラビアン・ダンスでArabian Dance School of Amir Thalebを卒業し、saidaに誘われ、ballet Rakkasahの特別メンバーを務める。 Mariela Studio Cafieroでスペイン・ダンスとフラメンコのグラジュエート ・ スクール教授を務める。 国際的な振付師およびダンサーとして20年以上のキャリアと10年以上の教授歴を持つマスターである。

・2002年 各国から技術向上を目的とした、ダンサーが集まる、アラビア舞踊学校 「 Sabrina Colman 」 を設立。
・2008年 エジプトのグランドマスター・マフムード・レダ歓迎特別公演に参加。
・2009年 Arabian Dance School of Amir Thalebにて 「 アラビア・ダンスのプロフェショナルのダンサーおよび教師 」 というタイトルを取得。
・2010年 Saida、Mayra Huzid、Emineなどの国際的なベリーダンスのスターが参加したマスター・オブ・ザ・ワールド特別公演に招聘される。
・2011年 EIDAに特別ゲストとして招聘され参加。
・2012年 EIDAにアルゼンチンの代表として特別公演に出演。

世界中の多くのショーに参加し、有名ダンサーやMarioKirlis、Arimen Kusikian など 偉大な音楽家と共演。
彼女の美しさのみならず優雅さや人間性、自然体な彼女自身のキャラクターが自らを輝かせている。