Petite Jamilla

Petite Jamilla は、母親であるJamilla Rasaから受け継いだ伝統的なベリーダンスと現代のベリーダンスフュージョンを融合したスタイルを14年以上踊り続け、自身のスタイルを追求している。

15歳からプロのベリーダンサーとしてアメリカ南西をツアーで回り、17歳までに経験豊富なインストラクターとなり、19歳までに単独での教則DVDを2本出す。

2004年に群舞ダンサーの一人としてBDSSに加入したが、ソロで踊る機会も与えられ、ベールを使って回転し続ける彼女独特のパフォーマンスは今では、BDSSのショーの中で欠かせない演目の一つとなる。

BDSSで31か国をツアーして回り、ショーでは常にメインダンサーとして踊り、またBDSSインストラクターとしても活躍し、ベリーダンス界で最も重宝されるインストラクターの一人である。

BDSSのDVDジャケットやツアーポスターでカバーを飾るなど、BDSSの『顔』として、人々を魅了している。